FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ネットで株取引関連オススメ情報

去年の話なのですが、友人がオススメの医療保険 がん保険がないかと
がん保険 相談を受けました。

理由を尋ねて見たところ、会社で健康診断を受けた際に血糖値が高めなので
注意が必要と医者から言われたそうです。

それ以外は特に身体に異常は見受けられなかったそうですが、
将来的に保険を掛けている方が安全だと判断したため
保険に加入しようと考えたそうです。

私は保険に関して詳しくなかったため、保険について調べて見る事にしました。

調べてみるとがん保険 通院には多額の入院費が掛かるらしく
その為にも加入しておく必要が高いようです。

がん保険 ランキングに上がっていたがん保険の中から
がん保険 比較を行い友人にオススメの保険を教えました。

他にも保険について調べていると災害 死亡保険について書かれたサイトがありました。

そのサイトでは保険等を掛ける場合には死亡保険 受取人というものが
必要になると書かれてあり勉強になりました。



その友人が最近、電子商取引を始めたそうです。

私はネット 株についての知識がなかったため、
友人にネット証券について教えてもらいました。

友人も最近までは株 初心者だったのですが、
株 情報に詳しい会社の同僚の方から
証券会社 株式投資について教えて頂いたそうです。

友人は信用取引 証券などを行う場合は直接証券会社に向かう必要があるため、
面倒だと感じていたそうなのですが、その方から証券会社 イートレードというものが
あると聞いて株 ネットについて興味を示したそうです。

証券会社 ネットについて色々とお話を聞いたそうで、
証券会社 信用取引とはどのようなものであるか、
ネット株 トレードはどのようにして行うのか、
株 チャートの見方であるテクニカル分析・ファンダメンタル分析について、
オススメの株 ニュースサイトなどと、色々な株式 情報を教えて貰ったそうです。

友人は株 情報について色々と教えてもらい電子取引に興味を持ったそうで、
自宅に戻り次第パソコンで株 初心者にオススメと書かれた
クチコミ情報でも評判の株 入門サイトで株について勉強を始めたそうです。

友人は始めにミニ 株というものから始めたそうでミニ株の購入を行い、
株の流れ等が理解出来たので証券会社 手数料 比較などの情報を調べ
本格的に電子取引を行うようになったそうです。

色々なネット 証券 比較を行った結果として現在所持している会社の株が
証券会社 ネット証券では一番だと判断したそうです。

電子取引を行う場合アローヘッドについての知識が必要になってくるそうで、
最初は理解に時間が掛かったそうです。

電子取引の魅力としては、何処にいても携帯やパソコンがあれば証券取引が
行える事らしいのですがそれには欠点もあるらしく、
ネットで取引を行っているので回線のトラブル等で突然取引が
行えなくなることだそうです。

その対策としてはアローネットという特殊なネット回線が現在ではあるそうです。



株取引サイトなどで検索を行っている時に不動産投資 サラリーマンにオススメの
最近注目を浴びている投資用不動産というリンク先があったそうで、
そこには投資型マンションとはどのようなものであるか、
賢いワンルームマンション投資を行う際に気をつけること、
オススメの投資用ワンルームマンションなどの紹介があったそうです。

そこで投資用不動産についても興味を持ったそうで、今度オススメとして上がっていた
投資用マンション 中古の購入を考えているそうなのですが、
中古マンション 投資について一人で判断するのが難しいと考えた為
不動産 投資 セミナーにも通って
オススメの投資用ワンルームについて教えてもらいたいと話していました。

なので今は投資用不動産について学べる株 セミナーを探しているそうです。

友人に電子証券取引について教えてもらえたので今後機会があれば
ミニ株などを購入してみたいと思います。



おススメ情報 | 【2010-11-26(Fri) 15:59:43】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © お財布.ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。